FC2ブログ

人生な~んて・こんなも~のよ・うふふっと苦笑い♪~

ぷぅ、動物病院に行く




我が家の愛犬ぷぅ、昨日、動物病院に行ってきました🐩



歯石除去をするかどうか・・・迷っていたので。



こちらに引っ越して来て通い始めた動物病院では、

高齢のぷぅなので、今のうちにきちんと歯石除去をしたほうがいいと。
(全身麻酔に耐えられるギリギリの年齢だとか・・・)

歯石がちょっと溜まっていて、歯茎も奥の方が腫れていると。



犬の歯石除去って、全身麻酔なんです!

でもねぇ~~~、

以前、住んでたところの動物病院では、

ぷぅの歯はわざわざ歯石除去する必要はないくらい綺麗だと。



そこで、今回は、別の動物病院にも行ってみようと思ってね。

ぷぅのお散歩で知り合った方々にお聞きした動物病院、

有難いことに我が家から近くて、車で10分くらい。

で、

診察の結果は、

歯石はそれなりに付いているようですが(奥歯)、

そんなにひどくはない・・・と。

ぷぅの年齢を考えると、ギリギリの年齢だそうで、

全身麻酔のリスク等々をお聞きして・・・、

我が家では、歯石除去はしないことにしました。

ぷぅは、仔犬の時から、毎日歯磨きをしているので、

そのせいか・・・、わりと綺麗な歯だそうです。

奥歯の腫れはないそうです!

これからも、歯磨きをきちんと続けていけば良さそうですo(≧ω≦)o



そうそう、

ぷぅの白内障についても診察して頂きました。

その結果は・・・

「核硬化症」

のようである・・・とのこと。

但し、左目は、もしかしたら白内障初期かも・・・と。

「核硬化症」は、

加齢に伴って発生する水晶体の硬化と白濁で、

通常は視覚障害を伴わないそうです。

問題の左目は・・・ちょっとわかりにくいようです(;_;)

でも、犬も高齢になると白内障を発症する割合が高くなるそうで、

最近、点眼し始めた目薬は続けてみましょうと。

・・・と言っても、白内障を治す薬はなく、

その目薬も、進行を遅らせるというもので、

遅らせるとは言っても、ま、気休め程度らしいです(;д;)

ただ、ぷぅの場合、

物にぶつかる・・・などということもなく、良く見えているようです。



犬も人間も、決まった病院だけではなく、

ちょっとでも気になるようだったら、

別の病院でも診てもらったほうがいいですね。



あ、それから、

ぷぅの年齢ね、

私ったら14才だとばかり思っていたのですが、

・・・昨日、病院に行く前に、ぷぅの生年月日を見たら、

2003年12月なのね。

ということは・・・、まだ13才だったんですねーーー!

13才8ケ月・・・そっかぁ。

なんだか、ちょっと若くなったようで、嬉しい気分になりました。

今年の12月で14才なんです🐩

ま・・・それでも老犬ですけど。

でも、ぷぅは、とっても元気で、

ロボットみたいに、よく食べ、よく出し、

毎日、欠かさずお散歩に行きます🐩 💩

雨の日も、風の日も、雪の日も・・・、暑い日も、寒い日も。

そのお散歩を欠かさず続けている私も、きっと健康なのかも。
(糖尿病なんだけどね)

ぷぅのお蔭です。




訪問、ありがとうございます。
また、遊びにいらして下さいね🎵


にほんブログ村

にほんブログ村

60歳代ランキング







template design・サマンサ♪~
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。