FC2ブログ

要介護3ですって!



昨年末に母が入院して、

それに伴って 介護認定変更手続き をしました。

要介護3 でした。


入院前までは、要支援1 でした。

・・・私、要介護1だとばかり思っていました!

が、要支援1だったんですよーーー!

母も、自分は要介護1だと言っていたのでそれを鵜呑みにしていました!

確かに・・・介護認定の職員さんとの面談の時の母は、

驚く程しっかりしていて、

手足の動きも普段とはまるで別人のようになり、

話の受け答えもテキパキしていて、

そう、日常のことは何でも一人でできると言い切っていたのでした。



今回の介護認定変更手続きの際、

職員さんとの面談でも、
母は予想以上に元気だということを強調していましたが、

今回の職員さん、そういう高齢者は多いということをわかっておられました。

更に、担当医と看護師長さんのお話も考慮しての結果、

要介護3

に認定されました。

・・・あまりの変化に驚きましたが、

母の状態をみていると、確かに要介護3は妥当だと思いました。

入院前の母の状態は、
ごく普通の日常生活を送っているようにはみえませんでした。

が、

毎日、朝夕1時間の散歩、
実際には、体調の良い時だけだったようです。

一日三食の食事の支度、
ご飯は炊くけれど、
おかずは作らず、作れず???
お味噌だけのおかずが多かったようです。


洗濯、掃除等々の家事、
ひとり暮らしのため、
洗濯物も少なく、週1回くらいだったようです。
掃除は、ほとんどせず・・・でも、散らかったりしていなかったのは、
散らかるような暮らしができていなかったようです。


日常の買い物、
スーパーへは、一人で行くことができる、
と言い張っていた母ですが、実際にはそうでもなく、
ケアマネさんの根気良い助言が続いたお蔭で
買い物はヘルパーさんにお願いするようになっていましたが、
母は、「もったいないから断ってしまおう」と言い張っていたところです。




母は、

自分がいろいろなことができなくなっているということを、

自分では全く認識できていないようです。



その他、いろいろありますが、

今回の要介護3という認定には感謝です。

この新しい介護手帳をホームに持って行く必要があるので、

昨日、ホームに行ってきました。

母は、

特に変化もなく、同じ話を繰り返し、

喜怒哀楽はほとんど見られず、

脱いだ洋服などは、脱ぎっぱなしに放ってあったので、

ハンガーにかけてきました。

それでも、職員さんが優しく接して下さるのは嬉しいようです。



母は、入院してから急速に衰えてしまったようです。

今までの恐ろしい母の姿は見えにくくなってきました。

でも、

一人っ子娘の私のことは憎いようです。



どうしてそうなのか?

私が母の思い通りに育たなかったからなのですが、

自分の子供って可愛いという感情が母にはないようです。

運悪く、私だけがお気に入りの子ではなかったのでしょうか。



私には2人の子供がいますが、

2人の子供の性格などは全く違いますが、

それぞれに、どとらも可愛いし、

2人は、私の思い通りに育ったわけではありませんが、

それは当たり前のことだし、

私と子供達との関係は、悪くはないと思うんです。



でも、

母は、そうではないのですから、仕方ないと言えば仕方ないです。



老い方にもいろいろあるんですねー!

できれば、美しく老いたいと思います。


心だけでも・・・美しくね。





訪問、ありがとうございます。
また、遊びにいらして下さいね🎵










template design・サマンサ♪~
スポンサーサイト

テーマ: シニア(60歳以上)の日々 | ジャンル: 日記

また雪! | Home | 母、退院後・介護付有料老人ホームへ
このページのトップへ