FC2ブログ

またまた母の老化・・・・




今年に入ってから、

母の老化が驚く程の速さで進んでいるように感じます。

超・最悪な関係の母娘ではありますが、

私は一人っ子娘なので放っておくわけにもいかず、

保健士でもあるケアマネさんとの関わりが

今年に入ってから次第に増えて・・・、

今まで担当していた保健士さんが辞めて
(今までの保健士さんと母との関係が悪くなったらしい)

別の保健士さんに変わったのですが、

この方、男性で、40代半ば・・・くらいでしょうか・・・。

とっても一生懸命にやって下さっているのですが、

今までの方と違って、なんだかねぇ・・・、

いろいろと有難いことなのでしょうが、

けっこう?かなり?押し付けがましいところがあって・・・( ̄^ ̄)ゞ



それでも、母との相性は良さそうなので『良し』なのですが。

保健士でもあるケアマネさんの提案で

9月から週1回、母のお買い物をヘルパーさんにお願いすることに。

それを母が希望していたわけではなかったのですが、

私より頻繁に母の状態を見ている保健士さんからみると、

母の食事内容がきわめて悪い、とのこと。

確かにその通りですが、

ヘルパーさんにお買い物を手伝って頂いても、

それらの食材を使って 母が自分で調理できるのか疑問でしたが、

9月に入って、母から、週1回のお買い物を頼みたいと言い出したので、

即、それらの手続きをしました。



その後の経過は、

母から私に直接電話するということは普段から全くないので、

私から、その様子を電話で聞いてみたら、

それなりにやっているような・・・いないような。



ご飯はたくさん炊いて、1食分ずつ小分けにして冷凍保存して頂き、

ヘルパーさんの来る日は、

簡単なおかずはちょっとまとめて作っていただき、

キッチン、バス、トイレなどの掃除は、
母が希望した時だけお願いして、

その他は、ヘルパーさんと母とで、その時に応じてお願いする、

と、こんな感じで、

残りの時間は、母の話し相手になっていただくということに。



でも、今までの母の行動を見ている限り、

ヘルパーさんに買ってきていただいた食材をつかって

母が自分で調理しているのか???

それは、あり得ないように思うんです。

その後、私が母の家に行った時、

台所を見てみましたが、

・・・ちゃんと調理している気配は感じられず・・・、

使わなかった食材は、ヘルパーさんが来る前日に捨てているようで。



で、

ヘルパーさんにお願いする回数を増やして

おかずを作っていただくのは?、と私が提案してみましたが、

即、却下した母!

・・・まぁね、私の言うことは全て気に入らないのですから仕方ないですが、

保健士さんが言ってくださっても、聞く耳を持たないそうで。



無理に・・・というのは母にとってはストレスにもなるので、

母がその気になるまで待ってみようということに。



それにしても、今度の保健士さん、

私に、驚く程頻繁に電話してきて、

何事か?とドキドキしながら出てみると、

「順調にいっています」というようなことが多く、

できるだけ母とは関わりたくない私なので、

変化のあった時、新しく取り決めが必要な時、

その他、諸々の手続き等々で、
保護者の私が必要な時だけに電話して欲しい旨、伝えておいたのですが、

もう嫌ーーーーっていうくらい頻繁に電話してくるんですねー!

ま・・・報告しなければならないという「お仕事」だと思うので、

私も、それなりに対応していましたが、

母と私の関係、
(親子関係の良くない人達って以外と多いそうです)

更に、私の精神的状況等々(私の心療内科通院も含めて)は

かなり詳しく・・・ちょっとオーバーにもお話しているのですが、

彼(保健士さん)には、そういう部分は全く理解できないようで、

そ、そ、そうですよね、

保健士さんは、母に関わっているので、

私とは無関係といえば無関係ですから、

私のことまで気遣うなんていうことは必要ないわけですよね。



ということは、

母の急速な老化に伴って、

私は、ますます必要な存在になっていくわけで、

今年は、7月からはしょっちゅう母の家に行くようになりました。

私が行っても、喜ばない母ですが、

家事を含めて家のこと、ちょこちょこやって・・・、

母の暴言も我慢して・・・、

それでも、一人っ子娘なので、

母には私しかいないのだし。



それで、

それとなくちょこっと・・・

「ちょっとだけ、ありがとうっって言ってね」と私が言ったら、

母、
「アンタにありがとうっていうようなことなんかしてもらってないからわかんないヨ」
と。



そうでした、以前も、こんなこと言ってみたら同じこと言い返してきた母でした💢

でも、93才の母に何を望むことがありましょう。

ここまで元気に長生きしてくれることだけでありがたいことですよね。



・・・・でも、母は、自分の老後はどのように暮らそうと考えていたのか?

そういうことは何も考えずに93才になってしまって、

93才という年齢になった現在、

自分がいろいろできないことが増えてきた、
ということが認識できないのです。

・・・・なんでも自分でできると思っています。

一見、しっかりしているように見えますが、

現在の自分がどのような状態になっているのかが認識できないのです。



これから、家事以外にも、

日常の簡単なこともできなくなっていくだろうし、

そうなったら、ということは全く想像もできないようです。

自分で爪切りなどもできなくなると思うけれど、

そうなったらどうするのか、というようなことも考えていないらしく、

ま・・・
一人っ子娘の私になんでもやらせればいいと思っているようですが、

私が、あの母にどこまで世話をできるのか・・・

なんだか暗い気持ちになってしまいます。

それでも、

『私のできる範囲内』

ということです。



自分の経験から、

子供達には、精神的にも経済的にも迷惑をかけたくないと思いますが、

私が、これからもっと高齢になったら、

・・・時期を見計らって「介護付き老人ホーム」のようなところに

入所しようと思っていますが、

そうなればなったで、その手続きや金銭管理などは子供に頼むのか

と思うと、

全く誰の世話にもならずに、ポックリ逝く・・・ということは難しいのですね。



でも、

別の方法というか、子供に頼らないいろいろな選択肢もあるのですね~。

これから、そういうこと・・・考えていかなくては。



母をみていて、自分の老後を考えさせられます。




訪問、ありがとうございます。
また、遊びにいらして下さいね🎵


にほんブログ村

にほんブログ村

60歳代ランキング








template design・サマンサ♪~
スポンサーサイト

テーマ: シニア(60歳以上)の日々 | ジャンル: 日記

期日前投票 & 心療内科通院日 | Home | ドライブレコーダー
このページのトップへ